スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 中華の回るテーブル 



先日家族で夫の会社の方たちと中華料理を食べに行きました。
中華と言えばあの回るテーブル「円卓」が特徴ですよね。
でも、どのタイミングで回すのか???
好きなように回していいのか??
実は円卓のマナーってよく知りませんでした。
結局適当に回して自由に食べましたが、やっぱりこういうマナーも知っておかなくちゃいざというときに恥ずかしいですよね。

そこでテーブルマナーのサイトで中華料理のマナーをチェックしてみました。
中華料理と一言で言っても、中華料理は豊富なメニューが魅力
「広東料理」「上海料理」「四川料理」「北京料理」の4つに分けられているんですね。
それぞれ特徴が様々でどれも食べてみたいと思います。
素晴らしい料理を楽しむにはやっぱりマナーも大事。

円卓は料理を演出するメリーゴーランドなんですね~。
円卓はゆっくり、時計回りに回すそうです!
好きなように回してはいけないんですね。
もちろん回すときは、誰かが料理を取っていないか確かめて!!

「料理は主賓、または一番目上の人から取っていき、全員にいきわたったところで食べ始めます。余った料理のおかわりは自由ですが、気をつけたいのは、好きなものや同じものばかり取らないこと。全員にまんべんなくいきわたるように、量を考えながらいただきましょう。調味料を使って、好みの味にして食べるのはOK。取り皿は料理ごとに変えても大丈夫なので、足りなくなったらお店の人に声をかけましょう。 」
とのことです。
みんなが取り終わってから食べ始めるって、できていなかったかも~~

今後、中華料理で円卓を囲むことがあったらマナーにも気をつけて食事を楽しみたいなって思います!


[ 2009/04/03 21:52 ] 紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ityogo.blog91.fc2.com/tb.php/1856-e050b8f2








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。