スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 私の挑戦♪ 

高性能ノートブック・パソコン「ThinkPad」でおなじみのレノボでは、新しい発想で行動し挑戦する人New Thinkerを応援しているんですって
日常的な取り組みから壮大なプロジェクトなど、自分のチャレンジを表現して応募すると、豪華賞品までGETできちゃうかもしれないという「発掘キャンペーン」を実施中なんですよ
もちろん私もこのキャンペーンに興味津々♪
審査員は陸上短距離界のエース 末續慎吾選手なんですって


私の挑戦も末續選手に共感してもらえたら嬉しいので応募したいと思います♪

では、肝心の私の挑戦って?

それは子育て中に出会ったお友達の言葉がきかっけでした。
まだ②号が小さい頃、私はどうしても②号を預けなくてはならないことがあったんです。
その時にお友達が
「預かるよ^^育児中は無理せずまわりの人に甘えなくちゃ!」
と言ってくれたんです。
そして、そのお友達は
「でも子どもが大きくなったら、その恩返しを私にではなく、その時に育児で困ってる方に向けてあげてね」
と言いました。

その言葉は私の心の中にすごく響きました
こうやって、育児を終え、気持ちにも時間的にも余裕のある人が、子育てで困っている方を助けられたら素敵ですよね^^

そんなことを考えながらも何も行動をしないで月日は流れたのですが、あるとき広報誌から「ファミリーサポート」という言葉が目に飛び込んできました
それは、子供を一時的に預かる人の募集だったんです。
このとき、②号も小学生。
私も子育てに一段落していたし、お友達の言葉も心をよぎり、思い切ってサポーターに登録することにしました

登録に資格は要らないのですが、研修が数日間ありました。
その研修では児童心理学や栄養学、子供の遊びなども学び、改めて勉強になりました。

研修が終わり私もサポーターとして登録できるようになったんです♪
今までは自分の子供だけをみていればよかったのですが、これからは預かるお子さんのことも、見守っていかなくてはならないと思うと緊張感も芽生えました!

実際に預かったときは、やっぱりドキドキ。
ママが恋しくてすごく泣いちゃうんですが、少しでもオモチャや歌に興味を示してくれたら、とても嬉しい気持ちになりました

その後、私は③号を出産
預かる立場だけではなく預ける方の立場にもなり、改めて、このサポーターシステムには助けられるなぁと気づきました。
今後③号が成長したら、またお子さんを預かることもあると思いますが、世の中のママさんが子育てが楽しいなぁと思えるように少しでも手助けをし続けたらなぁ、と思います


以上が私の挑戦です♪

皆さんはどんな挑戦をなさっていますか?
ぜひNew Thinker「発掘キャンペーン」で、その挑戦を紹介してくださいね


[ 2007/11/22 21:33 ] 紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ityogo.blog91.fc2.com/tb.php/911-c82b619e








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。